安全な浴室にするためのリフォームポイント

お風呂に入ることで体の汚れを落とすだけでなく、1日の疲れを癒やしたりリラックス効果なども期待出来ます。

しかし、浴室は濡れた床での転倒によるケガやヒートショックによる事故も多い場所となっていることから、家族全員が出来るだけ安全に入浴することが出来るように、事故の可能性がある箇所はリフォームなどの工夫が必要になります。安全に入浴出来る浴室のチェックポイントとして転倒防止やヒートショック対策などが挙げられます。


濡れた床での転倒を防ぐためには滑りにくく、水が溜まりにくい構造の床がおすすめと言えます。



また、段差も転倒の大きな原因となるますので、床と浴槽との段差や床と脱衣所との間の段差にも注意が必要になります。

また、ヒートショックを防ぐためには脱衣所の暖房だけでなく浴室内にも暖房設備があると安心と言えるでしょう。


安全な入浴出来るようにするための改善ポイントが確認出来たら、重要になるのが工事を依頼する業者選びです。



特にマンションの場合は隣や上下階の部屋への騒音や振動が伝わりやすいので、マンションの浴室リフォームの実績が多い業者を選ぶようにすると安心です。

Yahoo!ニュースのクチコミ評価が高いです。

実際に業者を選ぶ際には浴室リフォームの一括見積りサイトを活用する方法がおすすめです。1度に複数の業者から見積りを出してもらえるので、個別に見積り依頼をしなくても済みますし、自宅でゆっくり見積りを比較した上で業者を選べるので忙しい方にもおすすめです。